January 30, 2007

2006年の10曲

Amazon.co.jpで購入 Dirty Dozen Brass Band / What's Going On Featuring Chuck D
Amazon.co.jpで購入 スチャダラパー / ジャカジャ~ン
Amazon.co.jpで購入 Kelis / Lil Star Featuring Cee-lo
Amazon.co.jpで購入 Morrissey / Dear God Please Help Me
Amazon.co.jpで購入 Charlotte Gainsbourg / Everything I Cannot See
Amazon.co.jpで購入 Senor Coconuts / Madmen Featuring Haruomi Hosono
Amazon.co.jpで購入 田島貴男 / Be My Baby(Live at 池上本門寺)
Amazon.co.jpで購入 Daniel Johnston / Some Things Last a Long Time
Amazon.co.jpで購入 Darondo / Didn't I
Amazon.co.jpで購入 Aki Takase & Alex von Schlippenbach / You Are What You Is

*「2006年に印象に残った10曲

・Dirty Dozen Brass Band / What's Going On Featuring Chuck D
Marvin Gayeの『What's Going On』を丸ごとカヴァーしたアルバムにて。カヴァーされつくしているであろう同曲でChuck Dを迎えるというニクい配役にシビれました。ジャケットからもわかるようにカトリーナから一年が経ったニューオリンズに捧げられています。

・スチャダラパー / ジャカジャ~ン
イントロを聴けばナットクのタイトルに想いが込められています。収録されている『con10po』はとってもビターなアルバムでした。個人的にも「マジかよ?」「それもアリかよ?」と思う機会が増えてくるお年頃なので、こういったCDにこそお金をつかってよかったなあと感じます。

・Kelis / Lil Star Featuring Cee-lo
流石に新鮮味も薄れてきてしまったプロデューサーを離れ、様々なヒトを招いてバリエーションに富んだ傑作を作りました。サンダービッチとか凄いニックネームで呼ばれていたKelisですが、"Crazy"が良くできていたCee-loをゲストに、とてもかわいらしい曲を歌っています。

・Morrissey / Dear God Please Help Me
モリ様の新アルバムはプロデュースがトニー・ヴィスコンティ、という情報を得て購入してみました。その中でもエンニオ・モリコーネがストリング・アレンジを手がけた楽曲が美し過ぎるモリコネクション。
モリ様は英語が苦手な僕チンにもわかりやすい英語で、微笑を誘いつつもドキッとさせる言葉を今でも紡いでいてかっこいいです。

・Charlotte Gainsbourg / Everything I Cannot See
深夜のラジオから流れてきた20年ぶりの新曲。ナイジェル・ゴッドリッチがプロデュースしていて、心落ち着く良いCDでした。参加陣が妙に豪華だし、ほとんど英語で歌っているのですが、かわいいのでまぁいいかという気持ちに。

・Senor Coconuts / Madmen Featuring Haruomi Hosono
昨年は今更ながら諸星大二郎の『マッドメン』にハマり、何度も読み返しましたがその時のBGMとして。
年を通じてたまに巡ってくる"なんか不思議なキブン"とマッチしていたような、気がする。

・田島貴男 / Be My Baby(Live at 池上本門寺)
去年はほとんどライブを観に行かず、大雨の中ふんばって待った田島貴男のソロライブが一番心に残っています。版権の関係で、CDでは原詩収録となってしまったのが悔やまれるこの曲。

・Daniel Johnston / Some Things Last a Long Time
2006年後半の気持ち面のテーマとなった曲です。"縁"という言葉と"因縁"という言葉の対比、"因縁"のカタチもさまざま。忘れないように聴き続けたいです。

・Darondo / Didn't I
ジャイルズ・ピーターソン先生によるグッドなリイシュー。70'sディープファンクの御仁で、どうやらレアらしい7inchをコンパイルしたものです。CDで買ったのですが音も満足で、内容は言わずもがな。光明寺本堂でも何度か流れたこの曲は光に満ち溢れていて全ての輪郭が吹き飛んでいるような印象をうけます。

・Aki Takase & Alex von Schlippenbach / You Are What You Is
昨年出会った音楽の中で一番刺激的だったのが高瀬アキのピアノでした。旧譜を何枚か貸してもらったのですが、この93~94年のライブ音源をよく聴きました。ここで取り上げているフランク・ザッパの"You Are What You Is"の美しさといったら!▼

Posted by Takuya Endo at January 30, 2007 12:43 AM
Comments
Post a comment









Remember personal info?






■□ 最近のクエスポ
□■[recent entry]
2010年の10曲
ひふみよ
世間地図
It really, really, really could happen
誰そ彼 Vol.18 のお知らせ
Antony and the Ohnos -魂の糧- @草月ホール
quiet loud quiet
爽やかな冬の酔いにまかせて
2009年の10曲
12/24の大友良英トリオ
More Stars Than There Are In Heaven
beautiful winkler
Must Be Santa
魂だだ漏れ
音泉温楽 Vol.1 終了!!
This Is It
土ボーイ思う、朝の中野、寺町通り
パスカルズが動物園にやってくる!
誰そ彼 Vol.16 のお知らせ
コーヒーと精霊たち
■□ コマンド?
□■[category]
▼ おんがく (71)
▼ ざつだん (26)
▼ しかいだな (2)
▼ たそがれ (58)
▼ ほん (5)
▼ ようかい (40)
▼ ヒガンオンガク (13)
▼ トップへ
■□ 何処へ?
□■[blog link]
彼岸寺
besimi.net
風眠庵
向こう側の雑感
offtone.net
児童文学マラソン
more LINK...