January 05, 2006

冬越え

*「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
年末年始は彼岸寺まつもと坊主のご縁で、金沢の乗敬寺という浄土真宗のお寺にて友人たちと年越しをしました。現在乗敬寺のご住職をつとめてらっしゃるのは、なんと刑事コロンボの声で有名な声優/俳優の石田太郎さん。大変お世話になった乗敬寺さんへの感謝の気持ちも込めて、金沢の魅力を伝える旅メモを記します。

kenroku.jpg

<交通>
いきなりネガティブファクターですが、東京からはアクセスしづらいです…。僕は安いという理由で夜行バスを利用しました。往復14000円くらいでトイレ付きリクライニングシートのバスに乗れます。新宿を23時に出発して明朝7時に金沢駅に到着。やはり夜行バスはやすつらい。

<天候>
かなり天候の変化が激しいです。到着した日は雨が降ったり晴れたりの連続で時折雷も鳴っていました。12/31、1/1は晴天が続いていましたが、それは地元の方も珍しいとおっしゃっていました。これだけ空模様がころころと変わって、冬に雷が鳴ったりするというのは情緒が感じられ、僕としては好印象でした。雪解け水の流れる音が、家の中でも、街の中でもずっと聴こえていてとても気持ちがよかったです。

<街並み>
“小京都”と称されるだけあって趣きのある古い建物が多く残っています。たそがれ時にはガス燈が灯って尚更雰囲気が良い。浅野川という川沿いの道から続く茶屋街がとても気に入りました。

<観光>
地図で見ると一見広そうな金沢の町も、実際歩いてみるとそれほど広くなく、ちゃんとルートを考えて天候が悪くならなければ散歩気分で大体歩いて回れます。市内観光に有用な安いバス“ふらっとバス”なども走っています。バスは“新バスシステム”なる安易なネーミングのシステムで情報管理されている親切設計です。

金沢城
…兼六園に入ろうとした所、早朝暇なタクシーのおじさんに止められ「利家とまつで有名なこっちの城を撮らなきゃ始まらん」的な事を言われて立ち寄りました。確かに門に続く橋は迫力があって良かったですが、これもタクシーのおじさんの言うとおりで中にはさほど汲むべき点はなし。

兼六園
…雪吊りで有名な兼六園ですが、少し高いところにあるので眺望が特に印象に残りました。一番の観光スポットなだけあって観光客で賑わっていました。

金沢蓄音器館
…おそらくマイナースポットなのですが、12/30は臨時開館でイベントをおこなっていたので寄ってみました。イベントの内容は「SP盤で再現!第2回紅白歌合戦」「SP盤で聴くベートーベン全交響曲」です。館内を見終えてイベント会場に行ってみると席が埋まってしまっていて入り辛い雰囲気だったので諦めたのですが、翌日の北國新聞に記事が載っていました。北國新聞に後姿で登場できそうだったのに惜しい事をしました。

金沢21世紀美術館
…年始の臨時開館だったために展示は一部しか見られませんでした。HPで見て想像していたよりも小さい建物でしたが、独特の構造故に迷っているうちに色々なものが目にはいってくるという感覚が面白かったです。おじいさんおばあさんがたくさん来ていて、「座れるところがいっぱいあっていいねえ」なんて話していましたが、まさしくその通りだと思います。

■ひがし茶屋街
…夕暮れ時がとても似合う茶屋街です。小洒落た土産屋が軒を連ね、職人的ともいえる意識の高さでもって世界観をたいせつに守っている観光地らしからぬ観光地。お化け手ぬぐいや幽霊の木版画絵葉書、フクロウのお箸などを購入。よいお土産が揃っています。

<喫茶店>
お洒落っぽい喫茶店も多くできているようですが、味のある古めの喫茶店も残っています。偶然入った「喫茶禁煙室」はネーミングセンスからも滲み出ている異空間でした(喫煙は可能)コーヒーの味も良く、何よりキャラの濃いマスター夫婦(?)によるあったか接客が旅情を倍増させてくれます。そのまったり感に思わずみんなで居眠りしてしまいました。

<レコード店>
2軒見つけて入ってみましたが、クラブミュージックは東京と似たようなラインナップ。中古の流通がさかんではないのか中古盤は割高で、新品のカタログはそれなりに揃っています。

<食事>
近江町市場があるので、新鮮な海の幸が絶品です。牡蠣、鱈、鯖、海栗、蟹、海老 などなど…とにかくうまくて安くてイイです。大晦日の夕方に市場に行くとべらぼうに安いという情報で行ってみたら、凄まじい投売りでした。甘海老山盛り1000円で持ってけ!とか。
珍しい加賀野菜はあまり食べなかったのですが、冬だけに鍋に活きる春菊・大根・ネギなどおいしかった。夏に行けたらきゅうりが食べてみたいです。
また、お酒需要の珍味系も豊富に用意されているので酒呑みにもフレンドリー。

<妖怪>
情報収集をあまりしていかなかったせいか妖怪スポットにはご縁がありませんでした。残念。村上健司さんの『妖怪ウォーカー』にも金沢市近辺の場所は二箇所しか紹介されていないのです。お土産屋によくある昔ばなしの本を開いてみると、『妖怪ウォーカー』掲載の「義猫塚」などは出ていました。北陸まで範囲を広げている本では、河童の証文や蛇女房など妖怪方面のお話も出てくるのですが…。

怪異・妖怪伝承データベースでも金沢市で検索すると28件しか出てきません。
・下記精肉屋は近江町市場にて発見
http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/2470010.shtml
[写真]

・金沢には俵屋さんという老舗の飴屋さんがあるのですが、飴買い幽霊の話がいくつか
http://www.nichibun.ac.jp/cgi-bin/YoukaiDB/namazu.cgi?query=%B6%E2%C2%F4%BB%D4%A1%A1%B0%BB&whence=0&max=20&sort=score

街全体が上品なので、妖怪らしい雰囲気があまり感じられません。寧ろ、宿泊させて頂いた乗敬寺さんが一番妖怪の雰囲気で、僕としてはとても嬉しかったです。

<年越し>
乗敬寺ご住職のご引率でぞろぞろと歩いて西別院へ行きました。鐘をつき、蕎麦を食い、いつのまにかの年越し。地元の方々が集まる本堂にて、乗敬寺ご住職や彼岸寺坊主二名も参加した新年のお経と焼香で2006年の幕開けです。今年はどんな年になることやら。

<温泉>
明けて一日から車で一時間程度の山中温泉に行きました。こちらでは彼岸寺ケンユウくんのお寺にお世話になりました。ケンユウ君のお寺からすぐのところに公衆浴場があります。無色無臭のお湯で、かなり体が温まる高い温度がよかったです。地元の方々の交流の場所という感じで、威勢良く交わされる新年の挨拶に日本のお正月の風情を感じました。
いつかケンユウ君のお寺でサワサキヨシヒロさんと『温泉誰そ彼』が出来たらなあと皆で想いを馳せつつ、仲間達と新年の語らい。

…と、うかれ気分でたのしく過ごした北陸でのお正月でしたが、東京に帰ってきたら今度は自部屋の寒さに負けて風邪をひいてしまいました。木造アパート1階角部屋の寒さは北陸以上かも。▼

Posted by Takuya Endo at January 5, 2006 10:42 PM
Comments

女 水着 ルブタン 靴 メンズ http://www.dunhilleightyjp.info/

Posted by: ルブタン 靴 メンズ at August 9, 2013 10:04 AM

洋服 [url=http://www.forshoppingawaitjp.biz/]moncler ダウン レディース[/url] moncler ダウン レディース

Posted by: moncler ダウン レディース at August 9, 2013 10:04 AM

ブランド コピー カード 財布

Posted by: カード 財布 at August 14, 2013 10:27 AM

ダコタ 財布 [url=http://www.wanggouh.com/]サマンサ 財布[/url] サマンサ 財布

Posted by: サマンサ 財布 at August 14, 2013 10:27 AM

スーパーコピーブランド通販-レディース バッグ コピー-偽物ブランド(N級品)専門店

Posted by: LKOPI-腕時計ブランドコピー激安!ブランドコピー財布とコピーブランドバッグ通販店 at August 21, 2014 06:39 AM

スーパーコピーブランド通販-レディース バッグ コピー-偽物ブランド(N級品)専門店http://www.bag1691.net

Posted by: スーパーコピーブランド通販-レディース バッグ コピー-偽物ブランド(N級品)専門店 at August 21, 2014 06:39 AM
Post a comment









Remember personal info?






■□ 最近のクエスポ
□■[recent entry]
2010年の10曲
ひふみよ
世間地図
It really, really, really could happen
誰そ彼 Vol.18 のお知らせ
Antony and the Ohnos -魂の糧- @草月ホール
quiet loud quiet
爽やかな冬の酔いにまかせて
2009年の10曲
12/24の大友良英トリオ
More Stars Than There Are In Heaven
beautiful winkler
Must Be Santa
魂だだ漏れ
音泉温楽 Vol.1 終了!!
This Is It
土ボーイ思う、朝の中野、寺町通り
パスカルズが動物園にやってくる!
誰そ彼 Vol.16 のお知らせ
コーヒーと精霊たち
■□ コマンド?
□■[category]
▼ おんがく (71)
▼ ざつだん (26)
▼ しかいだな (2)
▼ たそがれ (58)
▼ ほん (5)
▼ ようかい (40)
▼ ヒガンオンガク (13)
▼ トップへ
■□ 何処へ?
□■[blog link]
彼岸寺
besimi.net
風眠庵
向こう側の雑感
offtone.net
児童文学マラソン
more LINK...